うれしの茶 加杭茶業組合

うれしの茶とは


うれしの茶は中国大陸から渡来した唐人が陶器を焼く技術と共に、自家用の茶樹の栽培方法を伝えたのがその始まりといわれ、500年以上の歴史があり、江戸時代末期から明治期には長崎から輸出もされました。佐賀県嬉野市は、地形や標高・気温など茶栽培に適しています。山間部で発生する朝霧は、お茶の新芽に程よく水分を与え、朝晩と日中の気温差も茶葉の育成にメリハリを与え、まろやかな味わいのうれしの茶が育まれます。茶葉が勾玉状のように丸まっている事から“グリ茶”と呼ばれ愛飲されています。“グリ茶”には渋み少なくまろやかな味わいの蒸し製玉緑茶と香ばしい釜香がありさっぱりとした味わいの釜炒り製玉緑茶があります。また近年では甘みのある優しい味わいのうれしの和紅茶もつくられ、都市圏などで人気を博しています。さまざまなお茶が高品質でつくられているうれしの茶は、他産地との差別化ができ、贈り物にも喜ばれています。